30日間英語脳育成プログラムの効果と評判が分かる! of おすすめ英会話教材ランキング『Eikaiwa123』

line4.jpg

30日間英語脳育成プログラム



映画のような、ウィットに富んだ会話が魅力。

「映画のようなカッコいい台詞を話してみたい」と思っても、そういう内容の教材はなかなか見つからないもの。30日間英語脳育成プログラムは、その「マジメな」パッケージに似合わず、とても面白い会話を素材にしています。本物のネイティブ会話(教材用に作られた不自然なナチュラル英語ではない!)を素材に、30日間みっちりと英語三昧に浸ってみてください。

・腰を据えてネイティブの生の会話を徹底的に聞き取れるようになりたい方に。
・内容の楽しさはピカイチ。アンケートでも100%のユーザーが「面白い」と回答。
・言語学博士監修により、効果的な言語能力のアップ。

今すぐ試聴する!

利用者の声

・実際の会話でも慌てず対応できるように
・外国人を前にして物怖じしなくなった
・やればやっただけ効果が上がる

じっくり力をつけて効果アップ

・パソコンを使ってじっくり学習
・一通り終わったらCDを繰り返し聞いて楽しめる

英語力アップレポート

・英語力を確実にアップさせる4つのポイントを無料で公開。購入前に教材の信頼度を確かめられる。

30eigonou_icon.jpg30日間で可能なこと=英語を話す基礎力の習得が目標

30日間で英語がペラペラになる魔法の方法はありません。
しかし言語学博士が監修したこの30日間プログラムを終えれば、英語でコミュニケーションをするという、英語・英会話学習の本来の目的である英語を話す基礎力の習得が可能です。
そのメソッドの内容は、この教材の公式サイトや無料レポートなどですべて公開されているのでここでは多くをご紹介しませんが、5つのシンプルな英会話上達法に沿った内容であり、それらを身に着けることで「短期間で、効果的に、効果を実感しながら(これが最も重要!)」英会話をを身につけていけるのです。

30eigonou_icon.jpg30日間英語脳育成プログラムとは?

英会話上達研究会の「聞けて話せる」が目標の「30日間英語脳育成プログラム」を評価。

パソコンソフトでの学習という手軽さから、企業や英会話学校での採用実績もある英語学習ソフト。
「いざ英語を話す場面では聞き取れない」という悩みをネイティブの自然な発音の会話を素材にした教材を繰り返し聞き取る練習をすることで、苦手意識をなくし、日本人に聞き取りにくい英語を聞けるようにします。30日間という限定した日数で、特定の男女が発するネイティブ会話を聞いているうちに、自分にも生の英語を聞き取ることができる!という自信をつけられます。
30eigonou2.jpg30eigonou3.jpg

30eigonou_icon.jpg特徴

パソコンで学習するためのCD-ROMと、通勤中など移動中に英語脳を養うためのリスニングCD・テキストが付属しています。主要な学習は自宅での学習となりますが、インプットを重視しているため補助教材としてリスニング教材がついています。
英会話学校などが「ビジネスとして」生徒にアウトプットさせている非効率的なシステムに異議を唱え、徹底したリスニング(文字情報を廃した)重視教材であることが特徴です。

  • 1日30分~1時間(目安)、パソコンソフトの指示にしたがって学習を続けます。
  • フレーズごとに意味を聞き取っていく方法を積み重ねることで、早いスピードの英語を理解する練習ができます。
  • 教材の中で繰り広げられる会話は、これまでの英語教材にはなかったユニークなもの。日本人が書いたシナリオで構成される純和風な内容ではなく、英語らしいジョークや皮肉の効いた内容です。

30eigonou_icon.jpgこんな人にオススメ

  • ネイティブの会話が聞き取れなくて苦い経験をしたことがある人。
  • リスニング力を鍛えようと努力してきたが、今までのやり方では挫折続きだった人。
  • 余計なことを考えず、パソコンの指示にしたがって学習を進めるスタイルで、しばらく「学習」することのみに専念したい人。

30eigonou_icon.jpg映画のように生々しい英会話が素材

「英語脳」というこの教材の登録商標に似た教材が発売されるほどの人気ぶりは、この教材を研修教材として採用した企業や英会話スクールとどまらず、口コミで広がりました。テレビ・新聞で紹介されたのが2003年ということですが、今でもその人気は衰えていないようです。英語を話さなくてはならない職業につく、多くの人たちを指導した実績のある言語学博士が開発したというのがこの教材のセールスポイントになっています。

"面白い""続けられる"という体験談が多いのですが、試聴版を聞くとそこから流れてくる英文の速さに驚きます。普通、英会話教材の音声は発話速度が一定な美しい発音で録音されているのですが、この教材に使われているネイティブの発音はまるでハリウッド映画でも見ているかのようです。「もしかしたら全然聞き取れないうちに終わるんじゃないか?」と不安になるほどです。

この教材を始めてから30日の間、英文を見ずに音声だけを聴いたり、毎日1話ずつのシチュエーション会話をシャドーイングしたりするうちに、ネイティブの話す英語スピードに慣れてきて、日本語に訳さずに英語の語順どおりに理解したりコミュニケーションが出来るようになったりするという教材の作りは、なかなかしっかり出来ていると思います。

ただ一点残念なのは、この教材の返品期間が7日以内と限られていることです。ほとんどの教材は7日以内であっても開封したら返品不可である中、この教材は実際に試してみることができる点で評価できます。
しかし、それだけしっかり出来ている教材であるならば、返品期間をもっと長くしたとしても返品率が増えることはないと思います。

総合的には、上達のステップがしっかりプランされており、短期間で、効率よく、効果を実感しながら学習したい人に向いた教材であることは確かなようです。

30eigonou_icon.jpg評価・効果

この教材のサイトを隅々まで読むと、なぜこれまで英語を話すことができなかったのか?や、今までの勉強法では上達できなかった理由がよく分かります。
無料レポートとして配布されている「英語力をアップさせる4つのポイント」は、この教材を選ぶかどうかにかかわらず、一度目を通してみることをおすすめします。最初の数ページを見て「なるほど」と思うことが何もなければ続きを読む必要はありません。そうした人は、すでに英語でコミュニケーションをとることに不都合は感じていないはずですから。

教材自体は、もしかしたら変わったところは何もないかもしれません。
というのは、日本人が英語を話せない理由や、今までの勉強法が有効でなかった理由を知ると、この教材の英語学習法以外に正解はないのではないかと思えてきてしまうからです。他の教材の良い点や悪い点も見えてくるし、自分にとってどの教材が合っているかも見えてくるはずです。

そういう意味では、この「30日間英語脳育成プログラム」と開発された経緯を知ること、つまりこの教材を英会話上達のパートナーとするかどうかを検討する価値は十分にあると思います。少なくとも、次から次へと色んな教材に興味を持っては飽きてしまい・・・ということを繰り返すよりは、ずっと価値があると思います。

返品期間が7日以内というのは短かすぎると書きましたが、この教材の学習期間は元々30日間と短いものです。教材が届いてから最初の7日間モチベーションを維持することができれば、その効果を十分に検討することができるはずです。

存分に使い倒して、じっくり検討することができるように、あらかじめこの教材での学習時間をスケジュールしておけるともっといいですね。

30eigonou_icon.jpg学習に必要な時間や場所

自宅で15分から始められると説明がありますが、短い会話とはいえ毎日1話ずつ進んでいく内容を自分のものにしていくには、それなりの時間をかけたほうが良いと思います。内容が面白く、大人が普通に使う表現がふんだんに使われているので飽きさせることはない点を大いに利用し、自分なりの学習時間を見つけていくのが良いでしょう。耳からの学習をサポートするCDが付属しているので、通勤途中の電車の中などでも学習が続けられます。

30eigonou_icon.jpgこの教材が選ばれる理由

実際に英語を話さなくてはならない職業の人を指導してきた言語学者が監修した教材らしく、「今までの英語学習法でなぜ話せないのか?」を徹底的に分析し、英語を聴くことや話すことではなく、コミュニケーションを取れることを目的に指導した実績がこの教材の内容に、結果的に利用者に選ばれる理由につながっています。

30eigonou_icon.jpg実際の活用法

まず背景を理解してから音声を聴きます。
英語はひとつの文として意味を持つものではなく、シチュエーションがあって初めてコミュニケーションの道具として意味を持つものだからです。

次に英語を語順のまま理解する直脳訳のポイントを学習したら、もう一度音声を聴きます。
この時点で、英語が「すっと」理解できる感触を味わいます。

さらに音読とシャドーイングで英語を内在化して自分のものにするステップを繰り返します。
1日1話ずつ、30日30話で基礎力が完成する短期集中プログラムです。

30eigonou_icon.jpgレビュー

(下記の記事はタイトルをクリックすると読むことができます。)

30日間英語脳育成プログラムを体験

30日間の英語脳育成プログラム体験。その効果とグローバル企業SONYとの関係とは?

英語が聞き取れないのは当然だった?

外国人と話したり、彼らが話しているのを聞いたことがある人なら、痛いほど分かると思います。
英会話教材や英会話学校で使われる英語が、実際の英語の音とは全然違うということが。
30days-eigonou-proguram-review.jpg

あれだけ勉強したのに英語が聴き取れなかった。
やっぱり英会話なんて自分には無理だ。
何度そうやって挫折してきたことか。

しかし本物のネイティブの英語発音を使った英会話教材があると聞いて、
もしかしたら?と興味を持ちました。

この教材の説明にはこうありました。
「30日間英語脳育成プログラムは、従来の「テキストを読む」「単語を覚える」といった学習法とは異なり、英語を英語のまま「耳」から入力し、聴こえた順に英語を理解してしまう新しい発想の英会話練習法です」

さらに、30日間英語脳育成プログラムで使われているのは、英会話教材のような日本人向けに録音されたものではなく、リアルな英語だというのです。
他の英会話教材の多くはナチュラルスピードをうたい文句にしていますが、本物の外国人が普段話すような英語とは全く違うのだそうです。
まるでアナウンサーが朗読しているような、現実味のない作られた英語なのだと。

そういわれてみれば、確かにそうかもしれません。

電車の中で外国人同士が交わす会話は、英語を話しているはずなのに英語ではないように聴こえるときがあります。
また、海外ドラマをDVDで見れば英文字幕が表示できますが、何度聞いてもそんなふうに聴こえないときがあります。

これはナマの英語で英会話を勉強してこなかったからなのでしょうか?
本当にこの教材で、本物のネイティブが話すような英語を聞き取れるようになるのでしょうか?

今までが今まででしたから、にわかには信じられません。

ソニーの英会話上達法

ここで、先日読んだ興味深い本の内容を紹介します。
グローバル企業ソニーが開発した英会話上達法の本です。

英会話の力を伸ばす4つのルールとして、以下の点をあげていました。

原則1.「聞けなければ話せない」
原則2.「初めからナチュラル・スピードで聞く」
原則3.「会話は3秒単位でインプットする」
原則4.「反復にまさる上達法はなし」

原則1.「聞けなければ話せない」

ある社員がアメリカに赴任になった例をあげて説明していました。
当然、アメリカに赴任になったくらいですから、TOEICでもハイスコアを持ち、英会話にも一定の自信を持った人だと思います。
しかし、初めてのオフィスでいろんな人の名前を紹介してもらったものの、ナマの英語で言われたら理解できずに困ったそうです。
Powellが「パウウェオ」に聴こえたり、つづりを聞いてもアルファベットの発音さえナマの英語では違っており、パニックになってしまったとのこと。
英語は「音」、聞けなければ話せないというエピソードでした。

原則2は、原則1につながっています。

最初からナマの英語、本物の英語の音に触れておくべきだということです。

原則3は、どんな英語のフレーズもナチュラルスピードで話すとだいたい3秒以内という話。

短いセンテンスが自然な音で頭の中に蓄積されたとき、初めてコミュニケーション能力が伸びるそうです。

原則4では、短い英文を繰り返し聞いて記憶することの重要性がとかれていました。

実は、この4つの原則の意味が、30日間英語脳育成プログラムを体験することで分かりました。

実際に試す、30日間英語脳育成プログラム

30日間英語脳育成プログラムの中身はこれだけでした。
(データCD)
Windowsパソコン用のソフトウェアが入っています。30日間英語脳育成プログラムの学習は、このソフトウェアを中心に行います。

(音声CD)
音声の入った副教材です。手持ちの音楽用CDプレーヤーなどで利用できます。
ソフトウェアの音声部分が収録されています。

(ハンディーテキスト)
30日間英語脳育成プログラムは音声中心の英会話上達法なので、テキストは基本的に使いません。パソコンソフトの学習に使われるスキットのスクリプトや、覚えておくと便利なポイントが書かれています。

30日間英語脳育成プログラムで得られたこと

まさにスポーツのようなトレーニングでした。
それが30日間英語脳育成プログラムを終えた感想です。(LinkIcon50,000字におよぶ体験レポートはこちら)

肉体を鍛えるトレーニングと同じで、
「こんな練習についていけるだろうか?」と不安になるときもあれば、
「どうやら力がついてきたぞ」と自信がつくときもあります。

さらに「やっぱりダメだ。自分にはマスターできそうもない」と徐々に高くなるレベルに押しつぶさそうになる日もあれば、
やっぱり「あの時止めずに、続けててよかった」と感じる日もあります。

しかしこの30日間で、「30日間英語脳育成プログラム」の英語が自然なもので、普通の英会話教材で使われている英語が「不自然」であると感じるようになりました。

面白いことに、普通の英会話教材の音声は何度も聞くとウンザリしてしまうのですが、30日間英語脳育成プログラムの音声にはそれがないことも気づきました。
英語の音はもちろん、会話の内容も英語らしい自然なものだからです。

もちろん今ではCDを聞けば、このプログラムを始める前は聴こえなかった音まで聞こえるし、会話の流れもつかめます。


さきほど紹介したソニーの英会話上達法:原則1~4は、30日間英語脳育成プログラムの英会話トレーニング方法そのものです。
このプログラムでは、英会話教材のようにキレイに録音された英語ではなく、ナチュラルな自然な音で録音されており、テキストを見ずに30回も聞いたり、「音」の聴き取り能力を伸ばす工夫がされています。
いざ、海外出張や旅行先、自己紹介などで相手に何かを聞いたとき、慌てないためのトレーニングができます。

そういうトレーニングを十分に積んでいれば、先の社員のようにパニックになることもなく、落ち着いて対処することができそうです。

30eigonou_icon.jpg「ここが YES!ここが NO!」

yes.jpg
・リスニング力を鍛えるには生の英語を繰り返し聞かなきゃダメなのは知っていました。ただ、実際にそれが実践できたのはこの教材が始めてでした。

・英語を英語の語順のまま理解するとはこういうことか!が初めて理解できました。教材の中で使われている音声は、ハリウッド映画なみの早さのネイティブ英語でしたが、最後には理解できるようになっていました。しかも気の利いたユーモアも映画並み。シナリオの楽しさが理解できた今では、本当に楽しい教材だということが分かりました。

・一言で言えば、手ごたえを感じた教材です。今までは何度英語を耳にしても理解が遅く、連続した会話は聞き取れませんでしたが、この教材を修了してからは、かなり速いテンポの会話でも、意味がだいたい理解できているようです。あとは語彙さえ増やせば、と思うと楽しくなりました。

no.jpg
・英語を英語のまま理解し、英会話初級を脱出。ネイティブスピードの会話を頭で考えすぎることなく理解し、会話に活かせるように。というのがこの教材の目標です。なので、すでにそうしたことが苦も無く出来ている人にとっては必要のない教材です。

30eigonou_icon.jpgまだまだあるよ。クチコミ

(過去のクチコミはそれぞれのタイトルをクリックすると読むことができます。)

外国人の言っていることに物怖じしなくなった

About.png30日間英語脳育成プログラムは何度も何度もトライすることでリスニング力が向上することは確かですが、会話力となると?な感じでした。
ただ実際の会話の場面になってみると、ネイティブの言っていることが聞き取りずらい場面でも、以前と比べて慌てず対応できるようになっていました。
相手の言っていることに落ち着いて耳を傾けることができる力、時に早口だったり(会話のリズムが自然なネイティブはたいていそうですが)聞き取りずらかったりする外国人の言っていることに物怖じしなくなった、という点は評価できると思います。

30eigonou_icon.jpg30日間英語脳育成プログラムについて語ろう。

(あなたの意見や感想を教えてください)